ソーラーフロンティア

ソーラーフロンティアの太陽光発電を導入するってどうなの?

ソーラーフロンティアの太陽光発電を導入するってどうなの?

太陽光発電の原理

 

太陽光発電の原理について。
太陽光発電は、簡単にいうと太陽光を吸収し、
電力に変換して使用します。
この原理は、ほとんどの方がご存知だと思います。

 

 

太陽光は、季節によって異なりますが、
真夏の正午なら1平方メートルあたり
約1kwものエネルギーを発すると言われています。
この太陽光を上手に使って電力にするのが、
「太陽光発電」になります。

 

 

 

では、どのようにして変換するのでしょうか?
1.光のエネルギーを電子に直接吸収させる。
2.吸収したエネルギーを電力として外に取り出す。

 

 

簡単に説明すると、1・2の方法で変換します。
取り出された電子は、外部の電気回路を使って、
エネルギーを発散させ、太陽電池に戻ります。
この仕掛けを、「半導体」と言います。
半導体とは、条件によって電気を通したり通さなかったりする物質のことで、
n型半導体/p型半導体の2種類存在します。
基本的に、この2つを積み重ねた構造をしているのが特徴です。

 

 

n型は動きやすい電子がやや多く、
接触材料によって電子が逃げやすいのが特徴です。
一方でp型は、伝導電子が少なめ。
電子が足りない場所を持っているのが特徴です。

 

 

 

これらをまとめると、
・太陽光で半導体内部を動きやすい電子を新しく発生させる。
・半導体pm接合の性質で、
伝導電子がエネルギーを失わないよう一方向に集めて取り出す。

ホーム RSS購読 サイトマップ